海
海の家
サーフィン

海水浴

待ちに待った夏。子供にせがまれて海水浴に出かける家族も多いでしょう。仕事で忙しく、中々家族と一緒に休日を過ごすことができなくて、ようやく出かけられる海水浴。楽しみにしていた海水浴をアクシデントに見舞われないためにも、あまり開放的になりすぎないようにしましょう。

子供から目を離さない

うちの子は泳げるから大丈夫! そう思っていてはいけません。プールと違い、深さが一定ではないうえに、波があるので足のつく場所でも簡単に溺れてしまいます。海水には浮力があるために、子供はプールよりも泳ぎやすく、気がつくと足がつかないところまで行ってしまい、パニックを起こすことがあります。子供が海に入ったら、目を離さないようにしなければいけません。

大人の人が付き添う

できれば、子供が海に入るときは、大人の人も一緒に付き添って海に入りましょう。普段お父さんやお母さんとじゃれて遊ぶことの少ない子供は喜びますし、安全性を考えると一石二鳥です。当たり前のことですが、波が高いときには海に入らないようにしましょう。また、大人も子供も、海に入る前には十分な準備運動を行わなければ、普段使わない筋肉をけっこう使いますので、足がつったりして危険です

Topへ戻る

目印になるものを

海水浴を楽しもうと考えるのは、自分達家族だけではありません。海辺が人でごった返していることもあります。そんな中で同じようなパラソルを立て、陣地を決めても一度離れてしまうと、自分達の場所がどこなのかが分からなくなってしまいます。それが子供だとしたら、どんなに心細いでしょう。できれば、パラソルに、自分達にだけ分かる目印をつけましょう。広いビーチで迷子になると大変です。また、場所を決めるときも、近くに目印となるものがある場所がいいでしょう。例えば、海の家から見て右側、目印になる建物から真っ直ぐの場所というふうに、動かないものを目印にするのがいいでしょう。近くに目立つカップルがいる場所などとしてしまうと、目印にした人たちが先に帰ってしまったり、場所を変えたりすると分からなくなってしまいます。できれば自分達の場所には、大人一人が残るようにし、泳ぎに行く子供には大人がつきそいます。これだけでも子供が一緒にきた大人を見失うことはないでしょう。

Topへ戻る

浮き輪を過信しない

浮き輪を使っていれば溺れることはない。そう思っていませんか? 確かに浮き輪を使っていると水の中に沈むこともありませんし、足がつかなくても、しがみついてさえいれば安心です。ですが、本当に浮き輪は安全なのでしょうか。海には波がありますが、その他にも潮の流れがあります。足がつかなくても大丈夫だからと言って、浮き輪を使ってどんどん深い方へと進んでいくと、潮に流されて、どんどん沖に行ってしまったり、元々泳いでいた地点よりも、大幅に横に流されてしまい、自力では戻って来られなくなってしまいます。また、沖に行けば行くほど、波のうねりがありますので注意が必要です。同じような理由で、子供の浮き輪につかまって、大人の人が沖のほうに泳いでいく光景をよく目にしますが、これも大変危険です。浮き輪を使って泳ぐのであれば、沖に向って泳ぐのではなく、横の方向に向かって泳ぐようにしましょう。

浮き輪に座らない

浮き輪に座らないと言っても、海の中での話しです。浮き輪にお尻をスッポリと入れて、波に漂っている人がいますが、これは大変危険です。波に煽られて、浮き輪から抜けられないまま引っくり返ってしまう恐れがあります。こういう状況になると、水の中でどっちが上か下か分からなくなってしまい、パニックを起こしかねません。溺れる原因にもなってしまいますので、海の中では浮き輪に座らないようにしましょう。

Topへ戻る